織衣草安『原本 靈ノ痛づら』

繪一覽 | Portfolio

人體生體畫法集

ぐわはふ めひらふさうあんぐわだん

畫法 姪蝋草安畫談

Will for Niece & Future Generations

姪とのちの世のこらに遺す小児向け絵の描き方指南

第百五条 伊達あずさ・若月健吾像

なしたのちの きほひをけすも わざなり こころさだめていまをみよ

第百四条 舘秀丸・水田和代像

かりしきぬではからだにあはず はだかになりてあふきぬさがせ

第百三条 西美加・川西栄一・熨斗マリ像

みちにおきて こちたき情報は不利なり 絶て

第百二条 佐々木裕子・佐々木良子像

よそとくらぶるべからず そこからわざはひはじまる
汝のとりえをあまさずだせ

第百一条 吉田結・名越圭子像

ことばはけばきがぬける かなめはもくしていどめ

第百条 山崎恭子・生田耕太像

きにするな まこそ評するはのちのよひとであるゆゑ

第九十九条 朝居平・加藤怜像

我をはるには おのれのこゑであるべきなり

第九十八条 笠森菊像

おもひつきたれば ものくさくあれどもやるがきち

第九十七条 野河記理子・森郁夫像

ひらめきをあだにするべからず

第九十六条 浪川了一・浪川結梨像

なまみのまじわりはかぎりあるも
意念のまじはりにとはのつながりあり

第九十五条 多田真理・岡田哲也像

かげにて 作風わかるほどでよし

第九十四条 神像

第九十三条 仁藤亜美・仁藤歳三像

ほどよき緊張 能をひきだす

第九十二条 佐藤花子・佐藤勇樹像

をとことをんな おなじき人ながら
種は別と考へると もろもろげせる

第九十一条 間みどり・戸内兼好像

めはこき面にひかれる 面のふかきと線のいろめかしきぞ乙なる

第九十条 梶聡子・土井遼像

人にならふはちかけれど さぐりてゆくぞたのしき

第八十九条 櫻井憲一・櫻井祥子・四条泰二像

第八十八条 成瀬陽子像

第八十七条 吉岡かのか・吉岡れのり像

さまざまな角度からみて それを一度に平面に配置する

第八十六条 外岡皐月像

こなれると癖がつきひらめきにかける こなれてもへたなままでゐよ

第八十五条 小谷華音像

ゑから望みをいはれれば すなほにききいれるがよし

第八十四条 土生美都像

笑ひ絵なれば できぬ姿勢も興のひとつなり

第八十三条 野崎怜緒像

不得手はたいてい慣れでかたづく

第八十二条 室口双葉像

わかるとできるはちがふ

第八十一条 浅井若菜像

自身で理解できるやうなものは下なり なぜかきしかわからぬものぞ上なる

第八十条 細川文香像

もてるわざを いかしつづける環境を保て

第七十九条 北條千波像

節度と品性 日本料理のごとくゑがくが髄なり

第七十八条 田伏洋一郎像

つれづれにかきなぐりたるらくがきに 名画の種あり

第七十七条 田伏浩太像

整ひすぎては 衝動缺く 雜すぎては 精彩缺く

第七十六条 布川大地・布川真帆像

あるべき位置から寸分ずれると 気味悪くよし

第七十五条 三井由良像

規則性は ひとつのみ ずれさせる

第七十四条 海藤早苗像

鉛筆であたりをとる その灰色を影とするすべ

第七十三条 中郡蚕像

頭蓋をかきて ひふのせる 髪をはやして 目をいれる

第七十二条 野呂栄慶像

第七十一条 仁藤愛美像

うでの寸法きまりたる ためしにいちどはかれ

第七十条 牟田靖子像

いびつなるものも ほねからかけばゑがきやすし

第六十九条 永瀬綾像

かほの寸法 てあしの長さの いびつにするは あしきにあらず

第六十八条 戸田加奈子像

首ながくすれば 顔さらにいのまま

第六十七条 津川妙美像

よく観よ さすれば 脳裏で 自在にうごく

第六十六条 千代優梨・千代真里奈像

迷ふことなければ いかなる線も成りたつ

第六十五条 蘇我美奈子・田井中優実像

さきの成就にとらはれることなかれ とらはれれば いまの絵の本質くみとれず

第六十四条 関絵美像

いかなる器量良でも みみのつくりは みにくくてあいらし あかず

第六十三条 粉河美緒像

てぐせかほだせば さかふてすすめ

第六十二条 片野真利子・久世宏英・石橋涼香像

かかずで良きは かかぬが正道

第六十一条 間花蓮・水瀬美帆子像

抽象だけではものたらず 写実だけでもものたらず

第六十条 近藤すみれ・大川稔像

をんなうとましくおもひたるか このみたるか 汝はどうみる

第五十九条 田代菊野・上田研三像

ひとのめより みづからのめをきとつよくみつめよ

第五十八条 赤羽海太・野々宮朋子・
眞壁将人・田中志乃・田中嘉穂・斎藤登像

みてすぐわかるやうな物だけであるはずなし

第五十七条 小竹美月・小竹美夕像

くびのひだはあそびやすし へんくわをおそれず じいうにためせ 様式化をさけよ

第五十六条 川田美優・川田健一像

ゆめゆめただの場面説明にとどまるべからず 事件であるべし

第五十五条 嶋田志保・秋田千里像

春画とはわらひゑなりて ゆくわいなすがたぞをかしき

第五十四条 緒方千穂・緒方将之介像

をどるさまをきりとるはわが極意なり

第五十三条 木川みかん・田辺功像

てとおなじくあしのゆびをにふねんにかけばゑはしまる

第五十二条 中英彦・野辺山平太像

左右かんせつのいちに さをつけるすべ どちらも片方 またはたがひちがひ などもあり

第五十一条 吉村芽依子像

あしはてほどうごかせぬが血管おほくあり ゆゑにいろぬればよきさしいろとなる

第五十条 北川幸乃・北川菜摘像

よごれをうまくくわへると とくべつなるにほひたつ

第四十九条・成美幸枝・斎藤由衣香像

くびの長すぎ これはこれであり

第四十八条 竹内由紀・遠藤陽子・大西深雪像

かほのあるとなし めのあるとなし おほきくちがふ

第四十七条 相川文枝像

構想のあとをのこすすべすぎるとあし

第四十六条 小松富士子・小松ハツ像

ためしにほねだけでゑがくべし めつぽふよきけいことなるなり

第四十五条 足立柚子像

からだをほねとかんせつでとらへれば いびつになることはなし もとむる折はこのかぎりにあらず

第四十四条 阿部早苗・浅野舞子像

核は濃墨 ほかはうすく さをつけてこそかをれ

第四十三条 森崎留華・森崎美桜像

ほねかきて ひふのせる さりながら このすべの すべてにあらず

第四十二条 石橋雪菜・富樫卯月像

まへからよこから かげありてまたはなくて おもふままに次元をいききする
よそびとが判にこころやむことなかれ ひたすらに汝の心によりそへ

第四十一条 足立和久像

じふぶんにあたへてかんがへさせてきづかせよ

第四十条 稲葉由紀・真鍋洋像

かくのごとくほねからかけばからだはかけるさらにはふくをきせるだけ

第卅九条 宇佐美春菜・黒田典伸・豊崎美琴像

ゑとはひとのかずだけ解のあることを許容するものなり

第卅八条 相内こずえ・南しおり像

みるものの感性をときはなつやうくみたてる写真とは趣を異とする

第卅七条 皆川太吉・船山美智雄・木村晴信・吉祥大兄・吉祥輝久・藤田彦次郎像

ひとのもとはほねなりゆゑにほねをゑがけばことやすしととのひすぎるきらひはあり

第卅六条 西村蛍・小野清太郎像

かたのにくのあるなしあればちからづよさあり

第卅五条 松尾真吾・松尾英二・松尾玲子像

歯のならびはひとによる佳人の乱れ歯にうれへあり

第卅四条 伊佐木翔太・木崎海斗・木崎陸斗像

陰茎のごとく首をえがくこどもをんなにはふむき

第卅三条 壬生虎徹・壬生拳王・壬生童子像

くびながくすれば他とかちあはずわけられる

第卅二条 森川克弥・江崎竜胆・須江洋二郎・管昭二像

頸動脈は耳のうしろをとほるすこぶるあやしきにてうまくいかすべし

第卅一条 原口靖道・五十嵐真由美・近衛一成像

をとこは僧帽筋かくをんなはかかずなでがた

第卅条 岸彦治・佐藤かをる像

線をひとつにしぼらぬ所をつくるすべ苦味渋味雑味をくわへられる

第廿九条 伊東千穂・橋本真琴像

かみはただの毛にあらずしてかざりととらへるべし絵とはゑそらごとなり

第廿八条 小林絆像

めとおなじほどにゆびはきもなりそれらおほくをかたるなりしかればてをぬけばそのゑかたらず

第廿七条 鎌倉瀬奈像

よそびとさだめしかくあるべしはとくすてよ一心にもののあるべきすがたをみよ

第廿六条 若狭岩次郎像

下絵線をのこしてゑがくすべ

第廿五条 北春代・岡崎良英像

前後のうごきや残像をもゑがく

第廿四条 井形小春・加藤藍像

なんぢげによきとおもふならばよそびとにゆがめられることなかれ

第廿三条 秋川乃絵・轟愛菜・吉良豊丸・
紅林美波・川越蘭子像

まづははだかをゑがけることあとはふくをきせるだけですむ

第廿二条 田中伊織像

絵とはみる人の感でなりあふゆゑにゑがききることなかれ情のしむよちのこせ

第廿一条 近藤真衣像

前後のうごきのすべてをひとつの画面にゑがくといふすべ

第廿条 永田四朗・永田由美・永田一像

えがきながらあるべき姿をさがしていく

第十九条 三崎里佳像

かたからうでのきんにくはをんなのうつくしき局所のひとつなり

第十八条 日吉亜樹像

かさなりは手法のひとつにもつておくとよい

第十七条 田野裕子像

をんなはきほんなでがたかつまるみのせんでかたちづくるべし

第十六条 三池眞理子像

みるものになにとやらんと考へさせるやう作ることにて
その者の想像力をもちてなすことができまたその者だけの絵となる

十五条 大前さくら像

さかさまにゑがくはよきすべとおもひつきし

第十四条 垣内緑・下柳正丸・戸内茂像

からだをひとあらざるものとしてゑがけばひとのまぐはひにあらざるものにできうる

第十三条 多田弥生・間宮林三像

立體を平面にとらへ立體とともに平面をゑがく

第十二条 猿沢良一・成瀬梨子像

毛はなまなましさへのちかみちなり
かみうぶげめもとせなげうであしとかく毛はこまかくゑがくがよし

第十一条 東貴子・東健二像

はぶけるところはひとおもひにはぶく
さすればよりつよくできうる全てはなにをつたえたいかでえらぶ

第十条 渚夏美像

こいうすいふといほそいつよいよわいはやいおそいあらいこまかいこれを一枚にふくめる

第九条 並木浩二・並木ななこ像

をとこは首のひだを多くするをんなはすくなくするなどでかきわけができる

第八条 衛藤恵三・衛藤功・新庄初音像

人體であるやうでさうでない描き方はめくらましにできると考へる

第七条 市川翔像

主となるものにはかぶきのみえをとらせるようかほてあしのうごきをつくること

第六条 安生要一・名古屋祥子像

下ゑにかき手の情やどるよりてそれをわざとのこす

第五条 野間タツ・野間六郎・野間虹子像

首は頭ささへるだいざととらへてゑがくとよし

第四条 井山幸次郎・多田彰夫像

くびながくかけばまげやすし頸動脈はきはめてうつくしき形のひとつなり

第三条 拝島遼子像

よにまほなるものおらずあるうつくしきひとのいびつなるてをもちたるさまあはれにてみそめし

第二条 田中美由紀像

これもきほんのからだくちのおくをゑがく骨などに應用できる
このむあいてはみえざるところもめでたくなるものなりきのてらひにあらず

第一条 渡辺沙希像

わりときほんとなるからだのえがきかたくびはだいざめもこれくらいがありのままなり

ショップ | SHOP

ショップ

織衣草安織衣草安 / Orii Souan
春畫怪奇畫家 / Japanese Shunga Painter
奈良縣生まれ / Born in Nara, Japan.
立命館大學卒 / Graduated Ritsumeikan University.
「私の繪はトリガーである。見るものの感情や想像力を開放するトリガーである」 "My paintings are a trigger. They are a trigger to unleash your emotions and imagination"
www.oriisouan.com